Mellerio

見事なエメラルド

メレリオが19世紀に制作した最も重要なジュエリーの多くに見事なエメラルドがセットされていたことから、エメラルドはメレリオを象徴する宝石となりました。 マリー・アメリー王妃のネックレス・ティアラ、ウジェニー皇后お気に入りのジュエリー、ユスポヴァ公女が注文した、300カラットを超える胸飾りなどです。 エメラルドは、今日もなおメレリオが手掛ける美しいハイジュエリー作品の数々を昇華させ続けています。

Mellerio